タカノ ショウジ
  高野 照司   文学部 英文学科   教授
■ 標題
  時間からことばの変化をさぐる
■ 概要
  実際の時の経過とともにことばの変化を研究する方法(実時間調査)を概説した。草分け的調査を紹介した後、筆者が行った北海道方言の実時間調査における研究成果を具体的事例として、実時間調査の意義や重要性について解説した。
   単著   はじめて学ぶ社会言語学   ミネルヴァ書房   2012/02