スズキ ツヨシ
  鈴木 剛   文学部 共通部門   教授
■ 標題
  世代間コミュニケーション試論(その2)
■ 概要
  前稿(その1)に続く内容。世代間コミュニケーションを論じる際にクリアーしておくべき諸議論、特に青年期教育論、ライフサイクル論、教育関係論などの動向を分析し、それを踏まえ、教育学の原義としてのペダゴジーの含意に定位して、「大人と子供の世代間関係としての教育」としての世代間コミュニケーションという理論枠組みの必要性を論じた。そのうえで、現代フランスにおけるドグマ人類学の提唱者たるピエール・ルジャンドルの議論から、「系譜関係としての親子関係」論として世代間コミュニケーションを考察する可能性を論じた。
(掲載部分)p29-p50
   単著   北星学園大学文学部北星論集   北星学園大学   第41巻(通巻第41号)   pp.29-50   2004/03