ミノウチ ユタカ
  蓑内 豊   文学部 心理・応用コミュニケーション学科   教授
■ 標題
  スキージャンプ選手における心理的競技能力の特性について
■ 概要
  本研究の目的は、スキージャンプ選手の心理的特性を把握し、それらと競技レベル、ピークパフォーマンス状態の関係を明らかにすることであった。その結果、自信の尺度がスキージャンプ競技時のピークパフォーマンス状態に最も影響することがわかった。また、改善が必要とされる心理的競技能力は、リラックス、自己コントロール、判断力、集中力等であり、多くの選手は何らかの心理的トレーニングを行なっていた。
   共著   北海道体育学研究   北海道体育学会   第32巻   pp.9-15   1997/07