ミノウチ ユタカ
  蓑内 豊   文学部 心理・応用コミュニケーション学科   教授
■ 標題
  心理的競技能力の経年変化について-日本の一流スキージャンプ選手の場合-
■ 概要
  全日本スキー連盟より強化指定されたスキージャンプ選手に対して1993年度より1年に2度の頻度で継続実施してきた心理的競技能力(DIPCA)の経年変化についてまとめた。その結果、加齢とともに心理的競技能力の得点も増加する傾向がみられた。しかし、個別にみてみると、急激な上昇や低下もみられ、競技成績との関係が示唆されたが、どちらの要因が先行するのかについては充分には理解できなかった。
(掲載部分)p17-p24
   共著   北海道体育学研究   北海道体育学会   pp.17-24   2007/09