ナカタ トモオ
  中田 知生   社会福祉学部 福祉計画学科   准教授
■ 標題
  健康悪化のプロセスと社会階層-健康の縦断的指標をめぐって-
■ 概要
  本研究の目的は、健康悪化プロセスの社会階層による差異に関して、高い階層の個人は健康悪化が遅いという仮説を検証することとそのデータの信頼性を検証することである。個人の健康悪化について病歴を回顧的に尋ねることにより収集し、それをグラフ化して検証した。その結果、そのグラフからは仮説を一部支持するものとなった。しかし、それぞれの慢性疾病の病歴データに関しては、懐疑を抱かせるものであることが明らかになった。
(掲載部分)p1-p10
   単著   北星学園大学社会福祉学部北星論集   北星学園大学   第38号   pp.1-10   2001/03