タナカ コウイチロウ
  田中 耕一郎   社会福祉学部 福祉臨床学科   教授
■ 標題
  ケアが分配されるとき
■ 概要
  <重度知的障害者>に象徴されるヴァルネラビリティな存在・状態にある人々の包摂を志向する連帯規範がケアを基本財として置くことの論拠について考察し、人称的なケアを偶然性の契機に委ねるのではなく、それを何らかの形で普遍を志向する正義の論理に統合し、その権利性を定礎することの必要性、すなわち、「ケアの制度化」の必要性について論じるとともに、この「ケアの制度化」においてケアを分配することの意味と、分配されるケア資源が発動するケアの妥当性が担保されるために、ケア資源の質、分配に係る評価について原理的な考察を試みた。
   単著   北星学園大学社会福祉学部北星論集   北星学園大学   第50号 開学50周年記念号   pp.61-73   2013/03