タナカ コウイチロウ
  田中 耕一郎   社会福祉学部 福祉臨床学科   教授
■ 標題
  【特集論文】障害学は知的障害とどのように向き合えるのか : 他者化への抗いのために
■ 概要
  文化的他者として位置付けられた人々や、不遇の自己責任を強調されてきた人々を眼差し、その救済・包摂を使命としてきた哲学、倫理学、社会福祉実践や社会福祉学における人権論や規範論においてもなお、「知的障害者」が他者化されてきた(いる)という事実を確認したうえで、「あらゆる障害者の他者化への抗い」を価値認識に置く障害学においてもなお同様であることを指摘し、障害学が「知的障害と向き合うための」課題を提示した。
   単著   障害学研究   明石書店   第14号   pp.105-119   2018/11