イケダ マサコ
  池田 雅子   社会福祉学部 福祉臨床学科   教授
■ 標題
  福祉社会の展開と課題-新しい福祉のパラダイムを目指して-
■ 概要
  第7章「社会福祉援助における専門職養成上の課題」を担当。社会福祉専門職養成における実習教育の重要性は資格制度の確立以降、さらに強まりつつある。そこで本研究では実習教育の実践内容の効果を測る指標として、「実習評価の分析」とその内容をうらづける「実習経験・プログラム内容の分析」をもとにして、実習教育の現状を整理した。そこから、実習目標の確認や大学における教育内容や現場におけるスーパービジョン機能の強化の必要性があるとの結論をえたもの。〔302p〕
(担当部分)p110~p129
(監修者)永田勝彦
(編著者)忍 博次、大坊郁夫、松井二郎、池田雅子
   共著   北大路書房   pp.110-129   1991/03