イケダ マサコ
  池田 雅子   社会福祉学部 福祉臨床学科   教授
■ 標題
  社会福祉施設〔現場実習〕指導マニュアル
■ 概要
  第Ⅴ章担当。実習教育を行うためのスーパーバイザー用マニュアルが必要との認識から、従来のマニュアルが改訂され、指導の最終段階である評価と終了の部分を担当した。まず一節の「実習評価」では、実習評価の意義を専門職養成という視点から述べ、評価例をもとに評価項目の基準についての考え方や実際の評価方法について詳述した。二節の「実習の終了」においては、実習終了時期の意味と指導の留意点についてまとめたものである。
〔262p〕
(担当部分)p243~p252
(編著者)日本社会事業学校連盟、全国社会福祉協議会
   共著   全国社会福祉協議会   pp.243-252   1996/05