イケダ マサコ
  池田 雅子   社会福祉学部 福祉臨床学科   教授
■ 標題
  コミュニティソーシャルワークにおけるスキルの教育―社会福祉協議会における実習指導を例に―
■ 概要
  2007年度から2年間、科学研究費(基盤研究B)の分担研究者として、社会福祉協議会や地域包括支援センターという地域福祉機関における実践内容と実習指導プログラムのあり方を検討している。先進事例として釧路市社会福市協議会と札幌市豊平区社会福祉協議会の2か所における実習指導内容と効果について、実習指導担当職員と実習生からヒアリングを行い、コミュニティソーシャルワーク実践の体系的なスキルの検証と教育方法を分析している。今後、これらの先進事例を各機関に紹介することで、コミュニティソーシャルワーク実践の教育方法の開発に寄与すると思われる。
   単著   コミュニティソーシャルワーク実践の体系的なスキルの検証及び教育法の開発   法政大学現代社会福祉学部 宮城研究室   2009/03