タジツ キヨシ
  田実 潔   社会福祉学部 共通部門   教授
■ 標題
  『講読演習』による自閉症イメージ形成の可能性について-教授法(FD)の観点から-
■ 概要
  本学の講読演習において1年間の講読を自閉症について行った結果、学生たちがどの程度まで正しい自閉症イメージを形成することができるかを事前と事後のアンケートで調査した。集計したデータを因子分析し、因子ごとの有意差検定を行った結果、学生はかなり正確な自閉症イメージを形成することが示され、講読演習としても効果的な学習効果が得られることが示された。但し、自閉症保護者への同様の調査結果と比較したところ、臨床経験の不足による実態像理解に有意差がみられた。
(掲載部分)p109-p118
   単著   北星学園大学社会福祉学部北星論集   北星学園大学   第44号   pp.109-118   2007/03