タジツ キヨシ
  田実 潔   社会福祉学部 共通部門   教授
■ 標題
  学生や教員、職員が望む大学授業に関する研究(Ⅰ)
3者に対するアンケート調査から・総集編
■ 概要
  大学授業について、学生や教員、大学職員は同じ意識イメージを共有しているのだろうか?このような問題意識に基づき、学生と教員、および大学職員に対して、大学授業についての意識アンケート調査を行った。調査結果は、因子分析(Windows版SPSS)により分析され、7因子が抽出された。これらの因子のうち、第1因子『授業内容に関する因子』については、学生も教員も職員も同じように重要視していた。しかし、授業スタイルや形式等の授業スキルに関する因子群では、教員や職員はあまり重視していなかったが学生は重視している傾向がみられた。一方、教員や学生の態度や姿勢に関する因子群では、教員や職員は重視していても学生は重要視していない逆の傾向が見られた。このように、大学授業については、学生と教員および職員の間には、明確な意識のずれがみられた。
   共著   北星学園大学文学部北星論集   北星学園大学   第48巻第1号   pp.15-22   2010/09