ウルリケ・ネンシュティール
  ウルリケ・ネンシュティール   社会福祉学部 福祉計画学科   教授
■ 標題
  Wer gilt in A. als ein “Fischer"?-Ein Beitrag zur Lebens-und Arbeitsweise japanischer Fischer-
〔邦題:A市における「漁師」とは誰か-日本の漁師の生活・仕事様式について-〕
■ 概要
  漁業権は、法律的に決定されているが、その決まりが実際に何を意味するのかは、漁業関係者以外ほとんどの人々には、想像つかないだろう。特に、ほぼ毎日漁に出て、魚を捕る多くの人々は「漁師」ではないことと、他方、「漁師」のうち日常的に事務的な仕事をし、魚をとったことが無い人もいる(これは形式上は法律違反となる)ことは、社会調査によって初めて明らかになる。
   単著   立教大学経済学研究会   立教経済学研究   第44巻第3号   pp.155-171   1991/01