ウルリケ・ネンシュティール
  ウルリケ・ネンシュティール   社会福祉学部 福祉計画学科   教授
■ 標題
  Asiatische Studien (Etudes Asiatique) LXVIII
〔邦題:アジア研究〕
■ 概要
  本書において、「Bürgerbewegungen in Japan-‘tsukurareta min‘i’ oder Wogegen kommen sie nicht an ? (日本の住民運動の無力性について)」を執筆。この「何に敗北するか」というタイトルのもとで書かれた論文では、文献で書かれたデータが中心的な材料となっており、著者自身の調査データが、それらを補ったり、分析や解釈を確かめる証拠などとして利用されている。様々な住民運動(九州志布志湾、下北半島など)を例にして住民運動の意味・問題・長所や短所が、そしてまた改めて住民運動に関する理論が検討されている。
〔635p〕
(担当部分)p466~p488
(編集者)E.Klopfenstein
   共著   Peter Lang Verlag   pp.466-488   1994/01