ナカムラ コウ
  中村 浩   短期大学部 生活創造学科   教授(嘱託)
■ 標題
  1点あるいは2点で示された蟻の探索運動に対する生物性印象
■ 概要
  昆虫、例えば蟻の探索行動などによく見られる細かくて頻繁な方向変化の動きが生物性印象に与える効果について、ポイント・ライト・ディスプレイ刺激を用いて調べた。実験の結果、頻繁な方向変化のある刺激と、2点が提示される刺激に対して生物生印象が高くなることが明らかとなった。
   単著   北星学園大学短期大学部北星論集   北星学園大学短期大学部   第9号(通巻第47号)   pp.25-31   2011/03