エンドウ タロウ
  遠藤 太郎   短期大学部 生活創造学科   教授
■ 標題
  美しさの起源はアテネ?ローマ?~小樽の銀行建築に古典主義様式を探る~
■ 概要
  小樽の銀行建築を代表する4件(旧三井銀行小樽支店、旧第四十七銀行小樽支店、旧安田銀行小樽支店、日本銀行旧小樽支店)を題材に、古典主義建築の特徴を分析。古代から近世へと受け継がれた古典主義建築の要素を挙げ、次いで「柱」、「壁」、「輪郭と区分」の観点から古典主義建築と現代建築の一般的な違いを論じ、最後に小樽の4建築それぞれの個性を評価。
   単著   道民カレッジ平成29年度「ほっかいどう学」大学インターネット講座補助教材   公益財団法人北海道生涯学習協会   平成29年度   2017/11