フジワラ リサ
  藤原 里佐   短期大学部 生活創造学科   教授
■ 標題
  障害児者の貧困をどうとらえるか
■ 概要
  障害児者の貧困を、家族がもつ重なり合う困難という視点から分析した。
すなわち、障害児家族が貧困に陥りやすい要因として、複数の家族メンバーの障害、それに伴うケア役割、就労の制限があげられる。さらに、障害者が貧困を解決する機会から阻害されることに着目し、障害と貧困が一つの家族に偏在することを問題提起した。
   単著   貧困研究   明石書店   Vol.5   pp.69-77   2010/11