ウチヤマ サトシ
  内山 智   短期大学部 生活創造学科   教授
■ 標題
  On sufficient Conditions of a Measure-Theoretic Probability Model of Measurements describing Quantum-Mechanical Probability
■ 概要
  有限次元量子力学的確率空間を導くような測度論的確率論に基づく測定の一般的な模型が提案された。この模型の根元事象は対象とその環境の結合系の状態で表され、事象は対応した測定過程の曲線より成る。この確率空間から量子力学的確率空間を導出するには、3つの自明ではない前提で十分であることが示された。また、測定器の正当性がそれによる理想的測定による対象の状態の無限小変化達の直交性を含意することも示された。
(掲載部分)p193-p204
   単著   北星学園女子短期大学紀要   北星学園女子短期大学   第35号   pp.193-204   1999/03