サハシ カツヒコ
  佐橋 克彦   社会福祉学部 福祉計画学科   教授
■ 標題
  「『準市場』の介護・障害者福祉サービスへの適用」
■ 概要
  わが国における介護サービス,障害者福祉サービスに準市場の原理を適用するとどのような影響が見られ,そして懸念されることは何かについて論じた.介護サービスでは現時点では形成途上にあり,利用者主体の確立,提供者のサービスの質湖上の必要性,「ホテルコスト」徴収にみる逆進性の問題点を明らかにした.障害者福祉サービスでは契約場面におけるアドボカシーの必要性,応益負担方式の問題(障害者自立支援制度=当時)があるものの,当事者からの問題提起の可能性や制度運営の柔軟性を評価できるものとした.以上のように,いずれの領域においても現在のわが国では,利用者・事業者双方に問題は少なくないことを理論的に解明した.
   単著   季刊社会保障研究   国立社会保障・人口問題研究所   44-1   pp.30-40   2008/06