サハシ カツヒコ
  佐橋 克彦   社会福祉学部 福祉計画学科   教授
■ 標題
  「わが国の介護サービスにおける準市場の形成とその特異性」
■ 概要
  介護保険制度にみる準市場の形成をイギリスのルグランとバートレットらの議論に基づき分析し,その限界を論じた.準市場は公的規制をともなう市場化の一形態であり,市場原理の長所と公的規制の長所を兼備したものである.
これを踏まえてわが国の介護保険制度を分析すると,提供主体は粗効率性を指向し,利用者には選択性の保障が不十分であり,サービス開発の可能性を示す応答性,ニーズに応じたサービスの提供といった公平性の達成に関する課題があると結論した.
   単著   社会福祉学   日本社会福祉学会   42-2   pp.139-149   2002/03