アベ マサヒト
  安部 雅仁   社会福祉学部 福祉計画学科   教授
■ 標題
  日本の医療制度改革について
■ 概要
  受診機会の平等が優先されるわが国において、国民医療費の拡大を背景に、医療制度(とりわけ保険財政面)の改革論議が活発になされている。具体的には、診療報酬、薬価基準および患者自己負担のあり方が主な検討課題になっている。もっとも、コストに係わる問題だけではなく、規制緩和や情報公開等を通した効率性の確保、さらに負担構造の(とくに勤労世代への)偏りなどに対する検討も必要である。
   単著   基礎教育部論集   北海道医療大学   Vol.23   pp.93-98   1997/07