アベ マサヒト
  安部 雅仁   社会福祉学部 福祉計画学科   教授
■ 標題
  アメリカの年金と医療(改訂版)
■ 概要
  第5章「マネジドケアと医療改革」
アメリカの医療においては「受診機会平等」よりも市場を通した「競争と選択」が優先される。その中では70年代に導入され80年代以降拡大したマネジドケアが大きな影響をもつようになり、近年ではこれがアメリカ医療システムのあり方を規定する最も重要な要因になっている。しかしその導入以降およそ30年間が経過した現代では、受診機会の不平等を中心に大きな課題が指摘されている。
〔277p〕
(担当部分)p199-p225
   共著   『アメリカの年金と医療』(改訂版)   日本経済評論社   pp.199-225   2007/04