アベ マサヒト
  安部 雅仁   社会福祉学部 福祉計画学科   教授
■ 標題
  付加価値税中心税制への展開-租税体系に関する一研究
■ 概要
  税制(租税体系)のあり方については、政治、経済および社会的に多様な価値判断や競合関係が生じるため、一義的に正しい答えを提示しうるテーマではない。そのあり方を規定する基本原則としては、公平課税、最適課税および公共選択の各理論が提唱されている。これらの比較・考察から、①付加価値税を中心に据える二段階支出税、②遺産・贈与税、③均衡予算原則といった3つの組合せから成る税制は、すぐれた租税体系の一つと考えられる。
   単著   博士学位論文   東北学院大学大学院経済学研究科   1995/06