ニシダ ミツキヨ
  西田 充潔   社会福祉学部 福祉臨床学科   教授
■ 標題
  知的障害児に対する性教育について-養護学校における指導の現状と教員養成カリキュラムの必要性の検討-
■ 概要
  本研究の結果から、知的障害養護学校では「セックス教育」と「セクシャリティ教育」の両面にわたる教育が行われているが、子どもの個人差が大きく実施に際しての指導内容と方法の確立に困難を抱えていることが分かった。そして教職志望学生は「セックス教育」には指導の必要性を認識しているが、知的障害児の性的行動への対応と指導の実施には不安と戸惑いを覚えていることが分かった。これらのことから、大学の教職課程においては、人間教育としての性教育観を養い、実際に即した性教育指導法を含めた性教育法を設置することが必要であると考えられた。
(掲載部分)p75-p86
   共著   北星学園大学社会福祉学部北星論集   北星学園大学   第42号   pp.75-86   2005/03