ナカムラ カズヒコ
  中村 和彦   社会福祉学部 福祉臨床学科   教授
■ 標題
  ソーシャルワーク実践理論再構成への素描ー「構造‐批判モデル」の導入と養成教育における具体的展開を構想して
■ 概要
  日本のソーシャルワークが現在、実践、研究、教育、いずれの側面においても、充実、拡大、発展の好機であると同時に、空疎、縮小、衰退の危機でもあるという認識のもと、ソーシャルワーカー養成教育での展開、再改定されるであろう社会福祉士養成カリキュラムでの具体的検討も視野に入れ、ソーシャルワーク実践理論内容の刷新と再構成を一大目的とし、そのアイディアについて素描したものである。
   単著   北星学園大学社会福祉学部北星論集   北星学園大学   第54号   pp.33-47   2017/03