ヤマヨシ トモヒサ
  山吉 智久   経済学部 共通部門   准教授
■ 現在の研究分野
  旧約聖書学, オリエント学, 宗教学, 古代イスラエル史 
■ 著書・論文等
1. 2019 著書  【原典翻訳】『死海文書 Ⅶ 聖書の再話2』  (共著) 
2. 2019 論文  「お前は彼にとって神となる」(出4:16)―古代イスラエルにおけるモーセ像の一側面―  (単著) 
3. 2019 論文  「後ろのものを忘れる」―『フィリピ書』3章13-14節の釈義的研究―  (単著) 
4. 2019 その他 【事典項目】Tätowierungen und Körpereinritzungen, in: Handbuch Alttestamentliche Anthropologie (im Druck)  (単著) 
5. 2018 著書  【訳書】J・クリントン・マッカーン『現代聖書注解 士師記』  (単著) 
6. 2018 論文  「彼らはヤハウェの目に悪を行った」―士師記の「循環的」定式―  (単著) 
7. 2017 著書  【訳書】ダグラス・スチュワート『旧約聖書の釈義―本文の読み方から説教まで―』  (単著) 
8. 2017 論文  ヨシュアは二度死ぬ―士師記の二重の始まり―  (単著) 
9. 2016 著書  【訳書】アンゲリカ・ベルレユング/クリスティアン・フレーフェル編『旧約新約 聖書神学事典』  (単著) 
10. 2016 論文  カインを待ち伏せていたのは何か―創4:6-7の釈義的研究―  (単著) 
11. 2016 論文  "Jeder tat das Rechte in seinen Augen" (Ri 17,6; 21,25). Zum "Kehrvers" des Richterbuches  (単著) 
12. 2016 論文  ヨブ記42章6節をどう解すか―ヨブ記におけるヘブライ語語彙根M'Sをめぐって―  (単著) 
13. 2016 その他 【書籍項目】「ギルガメシュ叙事詩」、『名著で読む世界史120』  (単著) 
14. 2015 論文  Eine "kanonische" Erwägung zu Ps 36 im Kontext der Teilkomposition Ps 35-41  (単著) 
15. 2015 論文  祭儀台からのぞく聖書時代の宗教生活  (単著) 
16. 2014 著書  【訳書】エルンスト・ウュルトワイン『ATD旧約聖書註解9 列王記〈下〉』  (単著) 
17. 2014 論文  「人も獣も、あなたは救われる、ヤハウェよ」(詩36:7)―古代イスラエルにおける神と人と動物―  (単著) 
18. 2014 論文  「ヤハウェはあなたの蔭」(詩121:5)―旧約聖書における蔭の表象をめぐって―  (単著) 
19. 2013 著書  Von der Auslösung zur Erlösung. Studien zur Wurzel PDY im Alten Orient und im Alten Testament  (単著) 
20. 2013 著書  【訳書】エルンスト・ウュルトワイン『ATD旧約聖書註解8 列王記〈上〉』  (共著) 
21. 2013 論文  "Raunen des Verbrechens zum Frevler inmitten meines Herzens". Versuch einer biblisch-theologischen Auslegung von Ps 36,2  (単著) 
22. 2013 論文  "Kostbar sei ihr Blut in seinen Augen" (Ps 72,14). Erlösung der personae miserae als Gerechtigkeitserweis eines Königs  (単著) 
23. 2012 論文  Idumean Ostraca in Japan  (共著) 
24. 2011 その他 【書評】佐藤研著『はじまりのキリスト教』  (単著) 
25. 2008 著書  『図説 聖書の世界』  (共著) 
26. 2006 著書  【訳書】ゲアハルト・フォン・ラート『古代イスラエルにおける聖戦』  (単著) 
27. 2006 著書  『図説 聖書』  (共著) 
28. 2005 その他 【書評】クリストフ・レヴィン著/山我哲雄訳『旧約聖書―歴史・文学・宗教』  (単著) 
29. 2004 その他 【書評】マルティン・ブーバー著/木田献一・北博訳『マルティン・ブーバー聖書著作集 第2巻 神の王国』  (単著) 
30. 2004 その他 【事典項目】「アッシリア」、「エジプト」、「エルサレム」、「シリア」、「ダマスコ」、「ティルス」、「バビロニア」、「バビロン」、「パレスチナ」、「ファラオ」、「フェニキア」、「ペルシア」、『新共同訳 聖書事典』  (単著) 
31. 2003 論文  ソロモンの罪―列王記上11章と申命記史家―  (単著) 
32. 2003 その他 【書評】山我哲雄著『聖書時代史 旧約篇』  (単著) 
33. 2001 論文  北王国滅亡をめぐる諸資料とその解釈  (単著) 
■ 所属学会
1. 日本旧約学会
2. Deutscher Verein zur Erforschung Palästinas (DPV)
3. 日本聖書学研究所
4. 日本宗教学会
5. 日本オリエント学会
6. 日本基督教学会
■ 学歴
1. 1996/04~2000/03 立教大学 文学部 文学士 卒業
2. 2000/04~2002/03 立教大学大学院 文学研究科 博士前期課程 神学修士 修士課程修了
3. 2002/04~2011/03 立教大学大学院 文学研究科 博士後期課程 博士課程単位取得満期退学
4. 2005/10~2006/09 テュービンゲン大学 プロテスタント神学部 交換留学生 留学
5. 2006/10~2012/05 テュービンゲン大学 プロテスタント神学部 博士課程修了 Dr. theol.
■ 職歴
1. 2012/08~2013/11 テュービンゲン大学 プロテスタント神学部 研究助手
2. 2014/04~2017/03 無教会研修所 講師
3. 2014/04~2017/03 立教女学院短期大学 非常勤講師
4. 2015/04~2017/03 聖心女子大学 非常勤講師
5. 2015/04~2017/03 農村伝道神学校 非常勤講師
6. 2015/04~2017/03 公益財団法人 登戸学寮 寮長
7. 2015/04~2017/03 明治学院大学 非常勤講師
8. 2016/04~2017/03 桜美林大学 非常勤講師
9. 2016/04~2017/03 日本聖書神学校 非常勤講師
10. 2017/04~ 北星学園大学 経済学部 共通部門 准教授