シノダ ユウ
  篠田 優   経済学部 経済法学科   教授
■ 現在の研究分野
  ロシアの住宅法, ロシアの社会保障法, ロシアの土地法 (キーワード:社会権、住宅、社会保障、土地、ロシア、契約) 
■ 著書・論文等
1. 2018/09 論文  社会主義の亡霊?――変わらぬロシアから考える――  (単著)
2. 2018/07 論文  ロシアの年金制度  (単著)
3. 2017/04 その他 ロシアはヨーロッパかアジアか?――<法>という角度から考える――  (単著)
4. 2017/03 論文  ロシアの民事裁判における監督審制度の変容――当事者化・例外化・恒常化の交錯――  (単著)(査読有)
5. 2014/10 著書  Конституционное право и правовая культура Японии и России: вопросы развития
Сборник докладов участников российско-японской научно-практической конференции  Конституционализм в Японии и тенденции реформирования Коституции Японии(共著 Асо Масахиро, Кодама Сигеру, Окоти Минори, Сато Фумито, Сибуя Кендзиро, Ватанабэ Такесато, Синода Ю, Авакьян С. А., Амара М. И., Баженова О. И., Кененова И. П., Старостина И. А., Шевердяев С. Н.)
6. 2014/09 論文  ロシアの年金制度  (単著)
7. 2014/02 論文  Конституционализм и тенденции реформирования Конституции Японии  (単著)
8. 2013/03 論文  社会体制と社会権の関係についての覚書  (単著)
9. 2012/04 論文  ロシアの年金制度  (単著)
10. 2011/06 論文  体制転換と住宅法制―ロシア2004年住宅法典の前と後―(その2)[完]  (単著)
11. 2011/05 論文  体制転換と住宅法制―ロシア2004年住宅法典の前と後―(その1)  (単著)
12. 2010/07 論文  ロシアの年金制度  (単著)
13. 2009/06 その他 小森田秋夫『体制転換と法 ポーランドの道の検証』  (単著)
14. 2008/06 論文  ロシアにおける不法行為損害賠償と社会保障の関係  (単著)
15. 2008/01 論文  ロシアの年金制度  (単著)
16. 2006/01 論文  ロシアの年金改革と「年金問題」  (単著)
17. 2004/02 その他 【翻訳】ウズベキスタン民法典  (共著 (著作者)丸山毅、大江泰一郎、伊藤知義、篠田優、杉浦一孝、宮下修一)
18. 2003/09 著書  現代ロシア法  (共著 (編著者)小森田秋夫
(著作者)小森田秋夫、森下敏男、大江泰一郎、竹森正孝、樹神成、杉浦一孝、伊藤知義、上田寛、武井寛、篠田優、阿曽正浩、早川弘道、渋谷謙次郎)
19. 2003/09 論文  ロシアにおける社会保障  (単著)
20. 2002/05 論文  体制転換期における市民生活と法―ロシアの社会保障から考える―  (単著)
21. 2000/01 著書  市場経済化の法社会学  (共著 (編著者)小森田秋夫
(著作者)伊藤知義、篠田優、阿曽正浩、鈴木賢)
22. 1999/06 著書  法学講義  (共著 新里光代、篠田優、寺島壽一、浅利祐一)
23. 1997/09 論文  脱社会主義ロシアの社会保障法制4・完  (単著)
24. 1997/07 論文  脱社会主義ロシアの社会保障法制3  (単著)
25. 1997/05 論文  脱社会主義ロシアの社会保障法制2  (単著)
26. 1997/04 論文  脱社会主義ロシアの社会保障法制1  (単著)
27. 1993/12 論文  一九九三年学界回顧/社会主義法  (共著 篠田優、□□□□、□□□□、□□□□)
28. 1988/01 論文  ソビエト市民の住宅に対する権利-国有住宅を素材として-(四・完)  (単著)
29. 1988 論文  社会主義社会の社会権をめぐる諸論点 -住宅法を手掛かりとしながら-  (単著)
30. 1987/03 論文  ソビエト市民の住宅に対する権利-国有住宅を素材として-(三)  (単著)
31. 1987/03 論文  ソビエト市民の住宅に対する権利-国有住宅を素材として-(二)  (単著)
32. 1986/06 論文  ソビエト市民の住宅に対する権利-国有住宅を素材として-(一)  (単著)
■ 科研費補助金・受託研究等研究課題
1. 2013/03~2017/04  ヨーロッパ旧社会主義国の人権に対するヨーロッパ人権裁判所のインパクトに関する研究 (基盤研究(B))
■ 学歴
1. 1976/04~1982/03 北海道大学 法学部 法学 卒業 法学士
2. 1982/04~1984/03 北海道大学大学院 法学研究科 民事法専攻 博士課程修了 法学修士
3. 1984/04~1987/04 北海道大学大学院 法学研究科 民事法専攻 博士課程単位取得満期退学