タカノ ショウジ
  高野 照司   文学部 英文学科   教授
■ メールアドレス
   stakano@hokusei.ac.jp
■ ホームページ
  http://www.ipc.hokusei.ac.jp/~z00144
■ 現在の研究分野
  社会言語学, 言語変異理論, 社会音声学, 日本語学 (キーワード:社会言語学、言語変異・変化、社会音声学) 
■ 著書・論文等
1. 1998/12 論文  A Quantiative Study of Gender Differences in the Ellipsis of Japanese Postpositional Particles -Wa and -Ga : Gender Composition As A Constraint on Variability  (単著) 
2. 2000/11 論文  The Myth of A Homogeneous Speech Community : A Sociolinguistic Study of the Speech of Japanese Women in Diverse Gender Roles  (単著) 
3. 2005/05 論文  Re-examining linguistic power: strategic uses of directives by professional Japanese women in positions of authority and leadership  (単著) 
4. 2017/07 論文  A sociophonetic approach to variation in Japanese pitch realizations: Region, age, gender and stylistic parameters  (共著) 
5. 1997/09 論文  The Myth of a Homogeneous Speech Community : The Speech of Japanese Women in Non-traditional Gender Roles  (単著) 
6. 2008/12 著書  Variation in prosodic focus of the Japanese negative nai: Issues of language specificity, interactive style, and social situations  (単著) 
7. 2002/12 論文  A Variationist Study of Prosodic Focus in Naturally Occurring Interactions: the Case of the Negative "-Nai" in Hokkaido Japanese  (単著) 
8. 2001/03 その他 Marketplace Membership as a Variable Outranking Gender:Further Evidence from 1999 Tokyo fieldwork  (単著) 
9. 2005/03 著書  パワーと言語変異~女性管理職のパワー方略を中心に~  (単著) 
10. 2011/11 論文  バリエーション研究の新たな展開  (単著) 
11. 2012/02 著書  時間からことばの変化をさぐる  (単著) 
12. 2012/02 著書  ことばのスタイルを理解し応用する  (単著) 
13. 2013/03 著書  ことばのバリエーションの「社会的意味」を伝達する能力 ~地域社会の急速なグローバル化がもたらす土着イデオロギーに着目して~  (単著) 
14. 2014/09 著書  The media influence on language change in Japanese sociolinguistic contexts.  (共著) 
15. 2019/03 著書  方言とアイデンティティー 〜自分らしさの拠り所としての方言〜  (単著) 
16. 2013/09 論文  北海道方言の共通語化・新方言の半世紀後の様相 〜実時間トレンド調査から読みとる変化のプロセスと変異の現況〜  (単著) 
17. 2005/03 論文  言語変異理論再考-相関主義という誤解と説明能力-  (単著) 
18. 2015/07 その他 web版国語教室『おくにことばの底力』北海道方言編  (単著) 
19. 2011/12 論文  札幌方言名詞アクセントの実時間研究: 山鼻地区パネル調査 第一次報告  (単著) 
20. 2015/01 論文  札幌方言名詞アクセントの実時間パネル調査 第二次報告 〜変異理論的考察を中心に〜  (単著) 
21. 2014/10 著書  札幌市方言名詞アクセントの共通語化に関する実時間パネル調査 第三次報告 〜バリエーションを支配する「言語内的要因」に関する一考察〜  (単著) 
22. 2014/09 論文  札幌方言名詞アクセントの共通語化に関する実時間パネル調査 〜老年層話者の「生涯変化」に着目して〜  (単著) 
23. 2015/03 論文  札幌市方言名詞アクセントの共通語化に関する実時間パネル調査 〜変化を支配する拘束要因マップの提案〜  (単著) 
24. 2016/02 論文  札幌市方言名詞アクセントの実時間パネル調査 最終報告 〜経年変化と言語イデオロギーの関連性についての一考察〜  (単著) 
25. 2010/08 著書  The sociophonetics of prosodic contours on NEG in three language communities: Teasing apart sociolinguistic and phonetic influences on speech.  (共著) 
26. 2011/06 論文  Judgments concerning the valence of inter-turn silence across speakers of American English, Italian, and Japanese.  (共著) 
27. 2003/09 論文  The Process of Article Acquisition by Japanese Learners of English as a Foreign Language: A Longitudinal Investigation  (単著) 
28. 1997/03 著書  Past Tense Marking in the English of Spanish-Speaking Adolescents.  (共著) 
29. 1999/03 論文  A Study of Japanese Persuasion From An Ethnography of Communication Perspective  (単著) 
30. 1994/03 論文  The Transfer of L1 Rhetoric in L2 Texts and Its Implications for Second Language Teaching  (単著) 
31. 2013/01 論文  北海道方言の共通語化・新方言化の半世紀後の様相 ~実時間トレンド調査による検証~  (単著) 
32. 2013/03 その他 急速なグローバリゼーションによる地域方言の変容と話者心理に関する社会言語学的研究  (単著) 
33. 2018/04 その他 グローバル化社会で変容するアイデンティティーと言語変異の因果関係の理論モデル構築  (単著) 
34. 2012/03 論文  日本語方言の音調レベルの変異について  (共著) 
35. 1998/03 論文  The Myth of Femininity : Neglected Heterogeneity of Women's Language in Contemporary Japanese Society  (単著) 
36. 2000/03 論文  Speaking politely but powerfully : A linguistic dilemma for Japanese professional women in charge  (単著) 
37. 2004/09 その他 第二言語習得研究におけるVARBRUL分析の活用とその意義  (単著) 
38. 1993/01 論文  The Transfer of L1 Rhetoric in L2 Texts and Its Implications for Second Language Teaching  (単著) 
39. 2010/09 著書  Variability of phrasal tone in Fukuoka Japanese  (共著) 
40. 2010/06 論文  福岡市方言の音調変異について  (共著) 
41. 2009/08 論文  福岡市方言の音調変異について  (共著) 
42. 2008/07 論文  音調の変異が示すもの −アクセント句のdephrasingとrecomposing  (共著) 
43. 2008/03 論文  絵描写タスクにみる音調変異の考察  (共著) 
44. 2007/06 論文  社会音声学的変異をとらえるための音声聴取実験にかんする考察  (共著) 
45. 2007/03 論文  日本語音声のピッチ平坦化現象に関する社会言語学的研究~北海道方言・鹿児島方言を分析資料として~  (共著) 
46. 2007/03 その他 【学会報告書】社会言語科学会第14回大会ワークショップ『ことばのバリエーションをつかまえる~分析ツールとしてのVARBRULプログラムの活用法と隣接分野への応用』  (単著) 
47. 2006/10 その他 Negotiating Moves: Problem Presentation and Resolution in Japanese Business Discourse  (単著) 
48. 2006/08 その他 新しい音声バリエーションの研究 〜日本における社会音声学の確立をめざして〜  (共著) 
49. 2005/10 その他 日本語音声におけるピッチ平坦化現象の試行的研究 〜変異理論的観点から〜  (共著) 
50. 2004/03 論文  日本人の対立意見表明における韻律変異の研究: レジスター・性差・ストラテジー的観点から  (単著) 
51. 2001/03 論文  日本人の言語交渉における対立意見表面の韻律モダリティー-レジスター研究の視点から-  (単著) 
52. 2004/03 論文  言語変異理論再考~相関主義という誤解と説明能力~  (単著) 
53. 2000/09 その他 日本人の言語交渉における意見衝突場面の韻律ストラテジー  (単著) 
54. 2003/04 著書  【辞典】応用言語学辞典  (共著) 
55. 1997/04 著書  【辞典】日本語学習英日辞典  (共著) 
■ 科研費補助金・受託研究等研究課題
1. 1999/04~2001/03  日本人の言語交渉における意見衝突の表明手続きと解決ストラテジー (奨励研究(A))
2. 2001/04~2003/03  日本人の対立意見表明における韻律変異の研究 ~レジスター・性差・ストラテジー的観点から~ (基盤研究(C)(2))
3. 2001/04~2004/03  日本語諸方言に見られる中間言語的変異の研究 -言語変異理論の立場から- (基盤研究(B)(1))
4. 2004/04~2007/03  日本語音声のピッチ平坦化現象に関する社会言語学的研究 ~北海道方言・鹿児島方言を分析資料として~ (基盤研究(C)(1))
5. 2009/04~2012/03  北海道,福岡,鹿児島方言に見られる音調句の言語変化に関する社会言語学的研究 (基盤研究B)
6. 2009/04~2012/03  急速なグローバリゼーションによる地域方言の変容と話者心理に関する社会言語学的研究 (挑戦的萌芽研究)
7. 2009/10~2012/03  接触方言学による「言語変容類型論」の構築 (その他の補助金・助成金)
8. 2013/04~2016/03  変異理論の新展開と日本語変異データの多角的分析 (基盤研究B)
9. 2014/04~2018/03  グローバル化社会で変容するアイデンティティーと言語変異の因果関係の理論モデル構築 (基盤研究C)
■ 所属学会
1. 1998/01~2010/03 日本言語学会
2. 1998/01~2010/03 大学英語教育学会
3. 2000/01~ 変異理論研究会
4. 2000/01~ 社会言語科学会
5. 2001/04~ 日本方言研究会
6. 2002/04~ 日本音声学会
7. 2008/04~ 北海道方言研究会
8. 2017/08 Methods in Dialectology XVI Conference
■ 学歴
1. 1981/04~1985/03 成城大学 文芸学部 英文学科 卒業 文学士
2. 1989/09~1991/08 ウイスコンシン大学マジソン校 英語学部大学院 応用英語学専攻 修士課程修了 応用英語学修士
3. 1992/08~1997/09 アリゾナ大学大学院 第二言語習得理論および教授法 博士課程 社会言語学 博士課程修了 学術博士
■ 職歴
1. 1996/04~1999/03 北星学園大学 文学部 英文学科 専任講師
2. 1999/04~2007/03 北星学園大学 文学部 英文学科 助教授
3. 2004/09~2007/03 北星学園大学大学院 文学研究科 助教授/併任
4. 2007/04~ 北星学園大学大学院 文学研究科 教授/併任
5. 2007/04~ 北星学園大学 文学部 英文学科 教授