ミズカワ ヨシフミ
  水川 喜文   社会福祉学部 共通部門   教授
■ 現在の研究分野
  社会学, 認知科学, 社会福祉学 (キーワード:社会学、エスノメソドロジー、会話分析、質的社会調査) 
■ 著書・論文等
1. 2018/03 論文  当事者研究におけるファシリテーター・当事者の実践——共成員性とカテゴリー対を中心に——  データ分析、論文内容の共同考察・改稿(共著 中村和生、浦野茂、水川喜文)(査読有 日本保健医療社会学会)
2. 2017/02 著書  ワークプレイス・スタディーズ ――はたらくことのエスノメソドロジー  編者、序章、セクション・イントロダクションなど(共著 秋谷直矩・五十嵐素子(共編者)、平本 毅、中村和生、南 保輔、池谷のぞみ、前田泰樹、海老田大五朗、北村隆憲、是永 論、真鍋陸太郎、高梨克也、加納圭、水町衣里、森幹彦、元木環、森村吉貴、山内裕、酒井信一郎、粟村倫久、笠木佑美)
3. 2013/09 論文  「心の理論」と社会的場面の理解可能性―自閉症スペクトラム児への療育場面のエスノメソドロジーにむけて―  (共著 中村和生、浦野茂)(査読有 関東社会学会)
4. 2013/06 論文  社会生活技能訓練におけるカテゴリーと社会秩序 : 自閉症スペクトラム児への療育場面のエスノメソドロジー  (共著 中村和生、浦野茂)(査読有 日本保健医療社会学会)
5. 2010/03 論文  会話分析による談話単位の革新とその課題  (単著)
6. 2007/08 著書  ワードマップ・エスノメソドロジー  (共著 (編著者)◎前田泰樹、水川喜文、岡田光弘
(著作者)◎前田泰樹、水川喜文、岡田光弘、中村和生、小宮友根、五十嵐素子、鶴田幸恵、是永論、酒井信一郎、池谷のぞみ、酒井泰斗)
7. 2007/03 論文  高次脳機能障害作業所における記憶の共同実践  (単著)
8. 2007/02 著書  社会学の饗宴Ⅰ 
風景の意味-理性と感性-  (共著 (編著者)山岸健(責任編集)、草柳千早、澤井敦、鄭暎惠
(著作者)有末賢、伊藤美登里、大出春江、岡原正幸、片桐雅隆、北澤裕、草柳千早、櫻井龍彦、澤井敦、 鈴木秀一、 高橋勇悦、西脇裕之、平林豊樹、船津衛、矢田部圭介、山尾貴則、◎山岸健)
9. 2004/03 論文  高次脳機能障害作業所における記録実践-記録への志向と共同的推論-  (単著)
10. 1999/10 著書  プランと状況的行為(Planand Situated Action)  (共著 (共訳者)水川喜文、佐伯眸、上野直樹、鈴木栄幸)
■ 学歴
1. 1988/04~1990/03 東京都立大学大学院 社会科学研究科 修士課程修了 社会学修士
2. 1990/04~1993/03 慶應義塾大学大学院 社会学研究科 博士課程単位取得満期退学
■ 職歴
1. 1994/04~1997/03 日本学術振興会 特別研究員 (PD再採用)
2. 2004/04~2005/03 英国 マンチェスター大学社会学部 客員研究員
3. 2006/04~ 北星学園大学大学院 社会福祉学研究科 教授/併任
4. 2006/04~ 北星学園大学 社会福祉学部 共通部門 教授