(最終更新日:2021-10-08 17:32:54)
  ミヤザキ ヤスシ   MIYAZAKI,Yasushi
  宮崎 靖士
   所属   北星学園大学  社会福祉学部 共通科目・言語教育・教職部門
   職種   教授
■ 現在の研究分野
日本文学, 文学一般, 日本語学, 民俗学 (キーワード:日本近代文学、文学における〈方言〉、日本語文学(朝鮮、台湾、「満洲」)、柳田国男、高次脳機能としての言語) 
■ 著書・論文等
1. 2021/09 論文  柳田國男『先祖の話』論
――構成・表現・同時代状況―― 北星学園大学文学部北星論集 59(1),122-98頁 (単著) 
2. 2019/12 論文  一九三九~四二年における「満人作家」の日本語訳テキストがもつ表象傾向とその意義 
―-「満洲」に関する日本語文学研究への一視点として―- 〈採録〉 中国関係論説資料 (第60号第2分冊),109-121頁 (単著) 
3. 2018/12 論文  張文環の日本語文学作品における表象傾向の分有と深化
――一九四〇~四三年を対象として―― 〈採録〉 中国関係論説資料 59(2),151-160頁 (単著) 
4. 2018/03 論文  一九三九~四二年における「満人作家」の日本語訳テキストがもつ表象傾向とその意義
――「満洲」に関する日本語文学研究への一視点として―― 北星学園大学文学部北星論集 55(2),140-116頁 (単著) 
5. 2017/03 論文  張文環の日本語文学作品における表象傾向の分有と深化
――一九四〇~四三年を対象として―― 北星学園大学文学部北星論集 54(2),62-45頁 (単著) 
全件表示(46件)
■ 科研費等研究課題
1. 2003/04~2006/03  日本近代文学における〈方言〉使用をめぐる諸問題の検討 科学研究費補助金 特別研究員奨励費 
2. 2009/04~2012/03  近代日本語=言文一致テキストにおける「植民地体験」の表象をめぐる表現論的検討 科学研究費補助金 若手研究(B) (キーワード:国文学、国語学、民俗学、表現論、植民地研究)
3. 2013/04~2016/03  1930~40年代の朝鮮、台湾、満洲における日本語文学と〝言説の磁場〟の検討 科学研究費補助金 若手研究(B) 
4. 2018/04~  柳田国男の表現構造がもつ現代的意義の発掘―言語観・文章構成・同時代状況への関与― 科学研究費補助金 基盤研究(C) 
■ 所属学会
1. 1998/04~ 日本近代文学会
2. 1999/04~ 北海道大学国語国文学会
3. 2004/04~ 日本文学協会
4. 2010/04~ 朝鮮学会
5. 2014/04~ 現代民俗学会
全件表示(12件)
■ 学歴
1. 1992/04~1996/03 弘前大学 人文学部 人文学科 卒業 学士〔文学〕
2. 1996/04~1998/03 弘前大学大学院 人文科学研究科 地域文化論専攻 修士課程修了 修士〔文学〕
3. 1999/04~2003/03 北海道大学大学院 文学研究科 国文学専攻 博士課程単位取得満期退学
4. 2004/03
(学位取得)
北海道大学 博士(文学)
■ 職歴
1. 2002/04~2006/03 札幌学院大学 非常勤講師
2. 2003/04~2006/03 日本学術振興会 特別研究員
3. 2006/04~2007/03 北星学園大学 社会福祉学部 共通部門 助教授
4. 2007/04~ 藤女子大学 文学部 非常勤講師
5. 2007/04~2014/03 北星学園大学 社会福祉学部 共通部門 准教授
全件表示(6件)
■ 科研費研究者番号
10438351