(最終更新日:2021-01-18 18:13:33)
  ナカタ リュウザブロウ   Nakata,Ryuzaburo
  中田 龍三郎
   所属   北星学園大学  社会福祉学部 福祉心理学科
   職種   専任講師
■ メールアドレス
  kyoin_mail
■ 現在の研究分野
実験心理学, 発達心理学, 認知科学, 食品科学, 比較認知科学 (キーワード:社会的促進、NIRS、生涯発達、食生活学、顔の知覚や認知)  Link
■ 著書・論文等
1. 2020/10 その他  学会賞を受賞して 日本発達心理学会ニューズレター (91),10-11頁 (単著) 
2. 2020/09 著書  分担執筆:社会的な存在 -他者-を投射する プロジェクション・サイエンス 心と身体を世界につなぐ第三世代の認知科学 139-157頁 (共著) 
3. 2020/09 論文  Older adults exhibit greater brain activity than young adults in a selective inhibition task by bipedal and bimanual responses: an fNIRS study. Neuroreport 31(14),pp.1048-1053 (共著) 
4. 2019/03 論文  社会的な存在-他者-をプロジェクションする 認知科学 26,86-97頁 (共著) 
5. 2019/03 論文  食行動に影響をあたえる社会的情報を検討した最近の認知科学的研究の紹介 認知科学 26,184-189頁 (単著) 
全件表示(26件)
■ 科研費等研究課題
1. 2020/04~  社会的つながりをもたらす共食:共食が社会性に与える影響に関する実験的研究 日本学術振興会 科学研究費助成事業 基盤研究(C) 
2. 2017/04~2020/03  孤食と加齢の関係を探る:社会的食事の頻度が認知機能に及ぼす効果に関する実験的研究 日本学術振興会 科学研究費助成事業 若手研究(B) 
3. 2015/04~2017/03  共に食べ、共に生きる:共食が認知機能に及ぼす効果に関する実験的研究 日本学術振興会 科学研究費助成事業 若手研究(B) 
4. 2005/04~2007/03  ヒトとリスザルにおける顔を用いた種の認知と個体の認知 日本学術振興会 科学研究費助成事業 特別研究員奨励費 
■ 所属学会
1. 2016/04~ 日本発達心理学会
2. 2014/04~ 日本認知科学会
3. 2004/04~ 日本基礎心理学会
4. 2003/04~ 日本心理学会
■ 学術賞
1. 2020/03 日本発達心理学会 2019年度学会賞
2. 2008/12 日本基礎心理学会 第27回大会優秀発表賞
■ 学歴
1. 2004/04~2008/03 立教大学 現代心理学研究科 心理学専攻 博士後期課程単位取得満期退学
2. 2009/03/31
(学位取得)
立教大学 博士(心理学)
■ 職歴
1. 2020/04~ 北星学園大学 社会福祉学部 福祉心理学科 専任講師
2. 2017/12~2020/03 名古屋大学 大学院情報学研究科 特任講師
3. 2014/04~2017/11 名古屋大学 大学院情報科学研究科 研究員
4. 2009/04~2014/03 富山大学 医学薬学研究部(医学)統合神経科学講座 研究員
5. 2008/04~2009/03 立教大学 アミューズメント・リサーチセンター 研究員
全件表示(6件)
■ 科研費研究者番号
50517076