(最終更新日:2023-01-20 14:52:35)
  ナカタ リュウザブロウ   Nakata,Ryuzaburo
  中田 龍三郎
   所属   北星学園大学  社会福祉学部 福祉心理学科
   職種   専任講師
■ メールアドレス
  kyoin_mail
■ 現在の研究分野
実験心理学, 発達心理学, 認知科学, 食品科学, 比較認知科学 (キーワード:社会的促進、NIRS、生涯発達、食生活学、顔の知覚や認知)  Link
■ 著書・論文等
1. 2022/11 著書  第2編第3章第3節 他者と食べる共食の効果、鏡の効果 味以外のおいしさの科学 261-272頁 (単著)  Link
2. 2022/08 論文  Do older adults mistake the accelerator for the brake pedal?: Older adults employ greater prefrontal cortical activity during a bipedal/bimanual response-position selection task. Behavioural brain research 432,pp.113976-113976 (共著)  Link
3. 2022/04 著書  第2章 脳と心 心理学概論 Well-Beingな生き方を学ぶ心理学 11-20頁 (単著)  Link
4. 2021/12 論文  A human voice, but not human visual image makes people perceive food to taste better and to eat more: "Social" facilitation of eating in a digital media APPETITE 167(12),pp.105644-105653 (共著)  Link
5. 2021/09 論文  Watching a remote-video confederate eating facilitates perceived taste and consumption of food PHYSIOLOGY & BEHAVIOR 238,pp.113469-113472 (共著)  Link
全件表示(31件)
■ 科研費等研究課題
1. 2022/04~  鏡を用いた擬似的共食が嗜好性飲料のおいしさに与える影響に関する実験的研究 競争的資金等の外部資金による研究  Link
2. 2020/04~  社会的つながりをもたらす共食:共食が社会性に与える影響に関する実験的研究 日本学術振興会 科学研究費助成事業 基盤研究(C) 
3. 2017/04~2020/03  孤食と加齢の関係を探る:社会的食事の頻度が認知機能に及ぼす効果に関する実験的研究 日本学術振興会 科学研究費助成事業 若手研究(B) 
4. 2015/04~2017/03  共に食べ、共に生きる:共食が認知機能に及ぼす効果に関する実験的研究 日本学術振興会 科学研究費助成事業 若手研究(B) 
5. 2005/04~2007/03  ヒトとリスザルにおける顔を用いた種の認知と個体の認知 日本学術振興会 科学研究費助成事業 特別研究員奨励費 
■ 所属学会
1. 2016/04~ 日本発達心理学会
2. 2014/04~ 日本認知科学会
3. 2004/04~ 日本基礎心理学会
4. 2003/04~ 日本心理学会
■ 学術賞
1. 2022/04 北星学園大学 北星学園大学第5回モデルティーチング賞(専門・中人数部門)
2. 2020/03 日本発達心理学会 2019年度学会賞
3. 2008/12 日本基礎心理学会 第27回大会優秀発表賞
■ 学歴
1. 2004/04~2008/03 立教大学 現代心理学研究科 心理学専攻 博士後期課程単位取得満期退学
2. 2009/03/31
(学位取得)
立教大学 博士(心理学)
■ 職歴
1. 2020/04~ 北星学園大学 社会福祉学部 福祉心理学科 専任講師
2. 2017/12~2020/03 名古屋大学 大学院情報学研究科 特任講師
3. 2014/04~2017/11 名古屋大学 大学院情報科学研究科 研究員
4. 2009/04~2014/03 富山大学 医学薬学研究部(医学)統合神経科学講座 研究員
5. 2008/04~2009/03 立教大学 アミューズメント・リサーチセンター 研究員
全件表示(6件)
■ 科研費研究者番号
50517076